日焼け止めを塗らないと




日焼け止めは、日焼け止めを塗らなかった場合と比較して、どちらが肌に負担があるのかというと、やはり日焼け止めを塗った方が肌に負担がかかります。その為、日焼け止めを塗ると肌の老化スピードを上げると思われがちですが、そう簡単な話ではありません。

日焼け止めを塗っている場合と日焼け止めを塗らなかった場合を比べると、肌が若々しくなるのは、日焼け止めを塗っている人になります。これは、日焼け止めがかける肌の負担よりも紫外線による肌の負担の方が大きい為です。中には起きている時間は全て日焼け止めを塗っているという強者も少なくありません。女性の方の場合には、少しお出掛けするような時でも、日焼け止めとファンデーションは毎日使用しているようです。

紫外線によって行われる光老化は、顏や手、首、デコルテラインに現れやすい症状です。加齢による肌の衰えは中々防ぐ事はできませんが、紫外線対策を行う事ができれば、光老化による肌のトラブルを未然に防ぐ事ができるのです。日焼け止めはエイジングケアにとても重要になってきます。もちろん1日、2日では違いは現れませんが、年単位で考えるとかなり大きな違いになってきます。いまからでも遅くありませんので、しっかりと日焼け止めを使用するようにしてください。













Copyright©2017 日焼け止めっていつごろにやるのが良いの? All Rights Reserved.